CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
<< H2Oで誕生七夕会 | main |
横浜能舞台で平家物語の世界鑑賞

関東で一番古いという横浜能舞台で平家物語の会にご招待頂く。お能だけでなく、狂言、人形浄瑠璃、琵琶の語りと珍しい盛りだくさんの演目内容、残念なことに予習不足で特に琵琶の語りは素晴らしいのだけれど内容の理解が難しかった。古い能舞台が横浜に存在していることが不思議でその歴史を詳しくたどると、、1875年根岸の加賀藩主前田邸に建てられた後戦後焼け残り、染井の松平邸に移設され能再興本拠地として全盛を極めたという舞台だった。その後解体され部材が寄付され現在の横浜に復元されたとのこと。時代を超えてこの舞台で観劇出来る機会を得られたことに深く感謝です!

鏡板の絵は通常松だけだが、前田家の梅鉢家紋にちなんで白梅が描かれている。瀟洒な美しい舞台だ。横浜に復元された時に道成寺用の鐘吊りを設置したとのこと。

橋掛りの本舞台側より一の松・二の松・三の松と呼び、順に小さくしていくことで遠近感を出している。

平曲「木曽最期」須田誠舟 狂言「朝比奈」(和泉流)野村萬斎 能「巴」(金春流)櫻間右陣
| - | 17:30 | - | - |