calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

archives

「気密」のヒミツー

0
    断熱性と気密性は異なる性能
    冬暖かく、夏涼しく過ごせる省エネルギー住宅をつくるために断熱が大切であるということは比較的多くの人に知られてきました。しかし断熱性を高めれば気密性も同様に高まるという訳ではありません。
    断熱と気密は異なる性能であるということはあまり知られていないようです。
    快適で省エネルギーな住宅の性能を表す「高断熱・高気密」という呼び名は断熱と気密の両方が必要であり、熱が伝わる3つのルートを防ぐために断熱と気密それぞれに対策する必要があるということです。
    熱の伝わり方3種類
    熱が伝わるためには以下の3つのルートがあります。冬部屋から熱が逃げるのも、夏熱が入り込んでくるのも3つの組み合わせによります。
    ・伝導:物体を通して熱を伝える。床暖房や暖房便座など
    ・輻射(放射):電磁波として熱を伝える。太陽の日射や炭火の遠赤外線など
    ・対流:熱を帯びた液体や気体を移動させて熱を伝える。エアコン、風呂など
    住宅作りでは3つのうち伝導と輻射で伝わる熱には断熱の手法で対策できますが、対流を防ぐには気密が必要です。断熱と気密を合わせなければ3つのルートを防ぐことはできません。


    気密性能には丁寧な設計と施工が不可欠(スキマを塞ぐ)
    建物全体の断熱・気密性能を高めることで、床暖房なしでもエネルギー効率が良く格段に快適な室内環境を作ることができます。
    気密性能を上げるためには建物の隙間を最小にするために部材間を塞がなければなりません。そのためにはチームワークの良い工事会社による丁寧な施工が欠かせません。大手メーカーが広告で高断熱は謳えても高気密が謳えないのはそのような工事が難しいからです。隙間を測るために確立された方法があり、結果を数値で確認できるのですから測らない理由はありません。
    『気密性』は一度建物本体に作り込まれたら基本的な性能ですので、維持費も修繕費もほとんどかかりません。これを実現するためには気密測定をルーティンとしている会社に工事を依頼することです。(by hatanaka)