CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
逗子海岸映画祭

少し風が強いけれど快晴、イベント会場は大変なにぎわい 昨夜知り合ったオーガニックコットンウェアのSkinAwareに行きました。
| - | 13:46 | - | - |
佐川美術館樂吉左衞門館


水面に浮かんでいるような樂吉左衞門館は地下にロビー展示室と茶室の導入部がある。水面下から茶室ヘのアプローチは世界から集めた枕木、黒石、紙等で茶道のセオリーにかなった独自空間を創り上げている。円形オープン天井の待合の空の切り取り方、水面葦の緑が和紙に映り込む計算の窓開口、暗いアプローチから水面上の茶室に出た時の開放感、、全てドラマチックで素晴らしい!全く新しい茶室空間ですが、改めて日本の歴史と自然に敬意を評したい気持ちになりました。
| - | 16:27 | - | - |
こいのぼりなう新国立美術館


須藤玲子さんの「こいのぼりなう」展オープニングへ。まるで海の底で鯉のぼりの大群を眺めているような大迫力!ひとつひとつのカラフルさ、マテリアルの美しさに見惚れてしまいました。さらに齋藤精一氏の天井インスタレーションで水面下のイメージも増幅します。大空間の裏には沢山の布サンプルに触れたり、オリジナルの鯉のぼり貼り絵も出来るコーナーもあり、子供からお年寄りまで楽しめる展覧会でした。
| - | 15:41 | - | - |
スパイラル「スリー・トーンズ」での出会い

青山スパイラルで「スリー・トーンズ」という3人のテキスタイル展に立ち寄りました。三者それぞれのスタイル展示でしたがカフェサイドの鈴木マサルさんのカラフルな展示が目立って楽しく、床、壁のパターンから傘、チェアのデザインまで、、師である故粟辻弘さんのハートアートでの作品を彷彿させる素適な展示でした。お嬢さんである粟辻姉妹と会場でお会いし、お父様がスパイラルでの展覧会を望まれていたと伺い、引き継がれていくデザインスピリッツを感じました。

以前からファンの須藤玲子さん展示も、シースルーパターン布30種以上を繫いだ円筒オブジェが吹き抜け空間で圧巻でした。
| - | 19:13 | - | - |
パッシブハウスワークショップ

3回目のパッシブハウスのワークショップ、単に興味を持っている方、将来建てたいと思ってる方、今場所を探している方、今までの計画を見直している方等々、、色々な方がたどり着いたパッシブハウス、まずは参加して頂き嬉しい限りです。。
| - | 16:07 | - | - |
2018年fujimak展示会終了

今年のホテル・レストランショー厨房機器展も無事に終了し、これまで中心となり牽引されてきた社長を中心に最後の集合写真はやはり壮観です。
| - | 17:05 | - | - |
<< | 2/64PAGES | >>