calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

archives

「小川和己帰国展」ご案内

0
    gallelyH2O.dに於いてイラストレーター小川和己氏主催スケッチ展開催のご案内です。「小川和己帰国展」フランスロワール地方をスケッチ旅行した作品展示と語りも、、お楽しみください。
    2019年9月21日~23日 11:00~18:00(最終日は17時まで)
    ◎gallery H2O.d 〒107-0062 港区南青山4-26-6南青山108ビル102号室
    (H2O DESIGN ASSOCIATES内) tel.03-5468-6101
    http://www.h2o-d.com/keino@h2o-d.com

    ホテルライクな洗面所・・・の巻頭写真に!

    0

      houzzの「ホテルライクな洗面所を手に入れる3つの方法と一つのこつ」by 住吉さやか氏の巻頭写真にうちの洗面所事例写真が使われていた!3つの方法とは、、1.洗面所と洗濯機を並べない 2.ミラーと照明にこだわる 3.チェアを置く/一つのこつは「見せたくないものは隠し、見せたいものだけを見せる」、、そのとおりです、あとはお客様のご要望を反映してバランス良く、美しく維持しやすいデザインを考えることも大切ですね。
      https://www.houzz.jp/ideabooks/125312615/list

      House&Shopビジネスマッチング

      0
        先日中小機構主催のHouse&Shopビジネスマッチングというイベントで、日本の伝統工芸技術や素材等を製品化している中小メーカーさんのヒアリングをしました。畑中が6社、私が5社担当しプレゼンを聞き質疑をしてから今後の参考になるようなアドバイスをしました。そこで感じたことは日本の伝統技術の衰退と、でもその技術、素材を製品化して何とか生かして行こうというメーカーさんの努力でした。あるメーカーさんは切子の建材を製品化しているのですが、工場でつくられる板ガラスと違い、吹きガラスをカットして板材にしてから切子の加工ですので高額になるのは必定、けれど職人さんの意識啓発、技術継承の為に何とか製品化を続けようとされています。色の選択、加工の方法、使い方等何とかコストが抑えられ使いやすくなるようなアドバイスをしました。その他地場の木材に拘っている青森、埼玉の林業メーカーさん、京都の着物布地をガラスでサンドしたこだわりの素材、また以前はタイプ印刷の主流だった土佐和紙のこれからの商品開発をされている方々、、日本人(まだ少数?)の意識も以前とは違ってきている中、何とかそれらの素材の良さをアピールし、その技術を継承して欲しいものです。日本だけでなく世界でもその技術、魅力が評価されるような発信を私達もしていきたいと考えています。



        gallery H2O.dオープン&安藤俊彦展のお知らせ

        0
          このたび、オフィスの一角に週末ギャラリーとして「galleryH2O.d」をオープンすることになりました。企画展、レンタル、ワークショップ等々のつかい方を予定しており、より多くの方々とのコミュニケーションの場となることを願っています。第一回の企画展は「安藤俊彦の原画展」です。安藤氏は独自のドローイングタッチで車を描くイラストレーターとして有名ですが、galleryH2O.dでは風景や人物等のより魅力的な原画が中心です。
          よろしくお願いいたします。
          ◎gallery H2O.d 〒107-0062 港区南青山4-26-6南青山108ビル102号室
          (H2O DESIGN ASSOCIATES内) tel.03-5468-6101
          http://www.h2o-d.com/keino@h2o-d.com

          また現在、銀座和光で高梨廣孝氏と安藤俊彦氏の二人展が開催中です。全て手づくりの精密なバイク模型と情感溢れるドローイングという秀逸な展示会、こちらもご興味ある方は必見です。7/15まで。

          韓国の建築誌「ARCHITECTURE & CULTURE」に掲載

          0


            韓国の建築誌「ARCHITECTURE & CULTURE」にH2Oのプロジェクトが掲載されました。

            九品仏さとうOPEN!

            0

              世田谷区奥沢にある九品仏商店街の居抜き物件、残す既存部分に新規造作をプラスデザインした改修工事、昨夜は暖簾を掛けてシューティング&撮影を完了、本日のオープンに漕ぎつけました!暖簾等のサインロゴ文字はリクエストにより自身の書描き文字です。ファサードの米松引戸、ルーバー、両サイド窓枠は新規造作、暖簾、ブラケット照明、行灯、やはり照明効果は大きい、、!

              都心にもかかわらず本当にのどかな九品仏商店街、工事中から多くのご近所様から声を掛けて頂きありがたい思いを感じました。どうぞ温かく迎え入れて頂きご贔屓くださいませ。

              アートワークは九品仏浄真寺で今年の桜開花時に撮った写真を加工。九品仏浄真寺の広い境内の本堂正面に3つの阿弥陀堂があり、正面、左右それぞれに3体ずつ印相の異なった阿弥陀如来像が計9体安置されていて九品仏という名前の由来となったようです。

              << | 2/70PAGES | >>